2018年2月の吉日(日本の暦)
2018.01.31
◇2018年2月の天赦日
2月1日(木)、2月15日(木)

◇2018年2月の一粒万倍日
2月1日(木)、7日(水)、14日(水)、19日(月)、26日(月)

◇2018年2月の新月
2月16日(金)

◇2018年2月の満月
なし

◇2018年2月の寅の日
2月3日(土)、15日(木)、27日(火)

◇2018年2月の大安
2月3日(土)、9日(金)、15日(木)、20日(火)、26日(月)

◇2018年2月の暦
節分:2月3日(土)
立春:2月4日(日)
初午:2月7日(水)
雨水:2月19日(月)



《解説》
▽天赦日(てんしゃにち)
万事に障りなしという吉日。年に6回だけの最上の大吉日。
天赦日(てんしゃにち)とは

▽一粒万倍日(いちりゅうまんばいにち)
新しいことをスタートするのに良い日とされ、特に仕事始めや開業、種まき、お金の支出に吉。
一粒万倍日(いちりゅうまんばいにち)とは

▽新月・満月
新月は物事を始める日、新しいものを使い始める日。
満月は満ち足りたことに感謝する日。
2018年(平成30年)の新月・満月

▽寅の日
黄色い毛皮の虎(トラ/寅)は金運の象徴で、財布の使い始めに寅の日を選ぶといいと言われる。

▽大安
暦注の六曜の一つ。陰陽道の吉日で、旅行・結婚など万事によいという日。大安日。大安吉日。



▽節分(せつぶん)
立春の前日。季節の変わる日で、豆まきなど悪鬼を払う行事をする。
近年は切らずに丸ごと1本の太巻き寿司を恵方に向いて黙って食べる「恵方巻」の風習が流行る。
2018年(戊戌)の恵方は「南南東やや南」。

▽立春(りっしゅん)
二十四節気の一つ。旧暦では春の始まりで、新年の始まり。

▽初午(はつうま)
二月になって最初の午(うま)の日。京都の伏見稲荷大社の神が降りた日とされ、全国で稲荷社を祭る。
稲荷社の使いのキツネの好物とされる油揚を供える。

▽雨水(うすい)
二十四節気の一つ。正月の中(ちゅう)。 雪が雨に変わるころ。


2018.01.31 22:33 | 固定リンク | 日本の暦
2018年1月31日(水)は満月(望)◇ブルームーンで皆既月食(赤い月)
2018.01.30
2018年(平成30年)1月の2回目の満月(望)の時刻(日本中央標準時)
……1月31日(水)22時27分
  ブルームーン(1月に2度目の満月)
  皆既月食(赤銅色の満月)
  
満月は「財布ふりふり」して月のパワーをもらって運気を良くします。

▽次の新月(朔) 2018年(平成30年)
……2月16日(金)6時05分

▽次の満月(望) 2018年(平成30年)
……3月2日(金)9時51分

朔弦望/平成30年(2018)(国立天文台)
(朔…新月/弦…上弦・下弦/望…満月)

二十四節気および雑節 /平成30年(2018)(国立天文台)


2018年1月31日(水)はブルームーン(ひと月に2度目の満月)で、皆既月食。
月が欠け始めるのが夜9時前、元に戻るのが0時過ぎ。
月が完全に隠れる「皆既食」が夜10時前から夜11時過ぎ。
皆既月食は月・地球・太陽が一直線に並んで、月が地球の陰に隠れる現象。地球の大気に太陽光が屈折して、赤銅色(赤黒い色)の満月が見られます。

2018年1月31日(水)は満月(望)◇ブルームーンと赤銅色の皆既月食




《関連ページ》
満月に財布をふりふりして金運をよくする〔財布の月光浴〕@金魚宮

2018.01.30 23:40 | 固定リンク | 日本の暦
2018年1月17日(水)は新月(朔)◇ブログを変更
2018.01.16
2018年(平成30年)1月の朔(新月)の時刻(日本中央標準時)
……1月17日(水)11時17分

新月には財布など大事なものを使い始めたり、習い事を始めるのに適しています。
新月の日に、気に入った手帳やノートに願い事・目標・やりたいこと・欲しい物を手書きして、上弦の月、満月、下弦の月、次の新月など折々に読み返してみましょう。

▽次の満月(望) 2018年(平成30年)
……1月31日(水)22時27分
  ブルームーン(1月に2度目の満月)

▽次の新月(朔) 2018年(平成30年)
……2月16日(金)6時05分

朔弦望/平成30年(2018)(国立天文台)
(朔…新月/弦…上弦・下弦/望…満月)

二十四節気および雑節 /平成30年(2018)(国立天文台)



ブログを変更しました。
これまでアメブロで書いていた新月・満月の暦を、放置していた自分のサイト内のブログに移動します。
自分でCGiを設置して書いています。

金魚宮-きんぎょきゅう-

《関連ページ》

満月に財布をふりふりして金運をよくする〔財布の月光浴〕@金魚宮

2018.01.16 23:24 | 固定リンク | 日本の暦
2018年1月2日(火)は満月(望)◇スーパームーン・今年最大の満月
2018.01.01
2018年(平成30年)1月の満月(望)の時刻(日本中央標準時)
……1月2日(火) 11時24分
  スーパームーン(大きく見える満月)

満月は「財布ふりふり」して月のパワーをもらって運気を良くします。

▽次の新月(朔) 2018年(平成30年)
……1月17日(水)11時17分

▽次の満月(望) 2018年(平成30年)
……1月31日(水)22時27分
  ブルームーン(1月に2度目の満月)

朔弦望/平成30年(2018)(国立天文台)
(朔…新月/弦…上弦・下弦/望…満月)

二十四節気および雑節 /平成30年(2018)(国立天文台)


1月2日(火)は2018年最大の満月です。
2016年11月14日以来の「スーパームーン」。
月が地球に接近している時に満月になるので大きく見えます。
満月が大きく見える「スーパームーン」の周期はだいたい13カ月か14カ月。ほぼ1年に1回。
2017年は厳密にはスーパームーンがない年でした。
1年で最大の満月だからといって2017年12月4日をスーパームーンとする意見もありますけど、次の2018年1月2日の満月の方が大きく見えます。

今年最大の満月(2018年1月) | 国立天文台(NAOJ)




《関連ページ》
2017年12月4日(月)は満月(望)◇今年最大の満月


満月に財布をふりふりして金運をよくする〔財布の月光浴〕@金魚宮




2018.01.01 00:05 | 固定リンク | 日本の暦

- CafeNote -